マルプー優太と時々クラシック

還暦過ぎてはじめて犬(♂マルプー2015年元日生まれ)と暮らしはじめました。大好きなクラシックの与太話も

優太も応援しますアントラーズ目指せ世界一 クラ与太 ショパン ワルツ嬰ハ短調

本日は日曜。
ジージはお休みですが野暮用らしく。
バーバはなんとお仕事です。


ジージが少しマッタリしてるので
遊んで欲しそうにしています!


でもジージは早く帰ってきますよ
でもそれはテレビこれを見るためですね。

 
Alibaba YunOS Auto プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016 | JFA|公益財団法人日本サッカー協会



ジージはず~っとJリーグ発足以来
浮気もせずにアントラーズ一筋
応援しています。
このところの無敗の世界王者
リアル・マドリードとの対戦。

見逃す事は出来ません。
ボール大好きな優太も
ボール遊びで応援します。

優太も負けずにボールに執着します。
根性入ってます。
頑張れアントラーズ
伝統の完璧な守備を
みせて欲しいものです
 


友人が女性を口説くのに最高の曲だとほざいていたピカイチの作品をクラ与太で取り上げます。
F.ショパン ワルツ嬰ハ短調 作品64-2

ショパンは生涯で19曲のワルツと名が付いている作品を書いた考えられています。その内1番からの8番の8曲が生前出版されています。また死後に発見され出版されたの9ピアノに腕の覚えのある番~14番までの5曲が一般に知られています。その他の5曲は若書きですが研究により発見された曲です。ワルツというと思い浮かべるのはヨハン・シュトラウスなどウィンナーワルツでしょうが、ショパンのワルツは必ずしも踊るための曲ではなく、ワルツのリズムによる音楽作品で叙情的でロマンティック小品です。その中でも晩年の1846年から翌年にかけて作曲された作品64の3曲のワルツそれぞれ個性的で素晴らしい曲です。64-1の変ニ長調「子犬のワルツ」は以前このクラ与太でも紹介した快活で魅力的な1分ほどの作品。愛称もあり最も知られています。また64-3の変イ長調も優美で快活で爽やかな作品3部形式の中間部はマズルカとも思えるようなショッパンらしい魅力的な曲です。明るめの2曲に挟まるようにこの嬰ハ短調は極めて晩年らしいメランコリックな曲調で異彩を放ちます。恋人ジョルジュ・サンドとの別れが予感とか病気の進行による「死」への予感などを感じされる影が深い作品です。短調だけでなく、同主調の変ニ長調で歌われる中間部の美しい旋律も深い情感情感に溢れています。この曲は演奏によってはムード音楽的な叙情曲にもなります。サロンでピアニストが女性を虜にする際物的な側面を引きだすことがあります。このロマンティック・ショパンの代表的演奏を今回はチョイスしてみました。ロシア生まれで世界的におっかけファンも多い超人気ピアニスト、エフゲニー・キーシンのニューヨークカーネギーホールのデビュー演奏会の1990年ライヴ録音。アンコール演奏でしょうか。情感深い自由な演奏ですね。口説き感満載です。YouTubeもキーシンです。コンチェルトを定期演奏会でオーケストラと競演した際のアンコールですね。もっとシリアスな演奏を望むならピリスあたりがピッタリでしょう。



EVGENY KISSIN plays CHOPIN Waltz Op.64 n.2

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。