マルプー優太と時々クラシック

還暦過ぎてはじめて犬(♂マルプー2015年元日生まれ)と暮らしはじめました。大好きなクラシックの与太話も

優太、ブ~ブ~します。クラ与太 モーツァルト ヴィオリン協奏曲第5番


バーバの腹痛の件多くの励まし頂きまして
ありがとうございました。
バーバも痛みも治まり仕事へ
ジージも仕事始めから仕事へ。
なんと本業の運転の他に
利用者さんへの新年会の隠し芸で
野球拳とかなれないことをして
お疲れです。
やった休みですが、なかなか起きてきません。
優太は起きて待ってます。

やっと起きてきました。
お散歩に行きたそうです。

ジージなかなか
お出かけしません。
お疲れモードです。

優太待たされて
怒っています。
鼻の穴が拡がっていますね。
ブ~ブ~ぶ~ちゃんみたいですね。

ジージのようにお疲れの時に元気がでる優しい音楽を紹介します。ぶ~ブ~優太も多少は機嫌が戻るような曲です。
クラ与太
W.A.モーツァルト ヴァイオリン協奏曲K.219

モーツァルトが19歳の1775年に、生地のザブツブルグでザルツブルグ宮廷楽団のヴァイオリニストであったブルネッティのために書いた5曲のヴァイオリンのための協奏曲の最後の作品で演奏時間も30分ほどで最も長く、「トルコ行進曲付き」とのニックネームでモーツァルトの代名詞的人気曲で同じイ長調のピアノソナタ11番K331「トルコ風」とのニックネームもあって人気もあり魅力的な内容豊かな曲です。当時流行していたトルコ趣味の音楽でピアノソナタに8年も前に取り入れています。この作品の後は、この曲の2楽章はブルネッティが気に入らなかったためにのた書き直したアダージョ4/4拍子と2曲ロンド以外はヴァイオリンと管弦楽のための協奏曲は残していません。しかしこのブルネッティの書き直したヴァージョンでは現在ほとんど録音されることはないようです。
第1楽章 Allegro apreto  イ長調 4/4拍子 協奏曲的ソナタ形式 序奏の後明るく軽やかな主題、弦楽合奏で登場した後、独奏ヴィオリンが華麗に奏でていく元気を貰える楽しい音楽、短調交えたメロディアスな部分を挟みながら、喜々として快活に進められている。思わず笑顔になれる曲調。 第2楽章 Adagio ホ長調 2/4拍子 ソナタ形式 静かに柔らかなハーモニーに包まれるように穏やかに進められる。独奏ヴァイリンが澄んで心地よい旋律を管弦楽と一体化して奏でる。癒しの音楽。この曲の白眉ですが独奏ヴァイオリンが目立つことが少ないためにブルネッティは不満を持ったのかも知れません。第3楽章 Tenpo di Minuetto  イ長調 3/4拍子 心地よく快適なメヌエットがロンド。ふと心の琴線に触れる軽やかなフェザー。情熱的快活部分を挟み始まりメヌエットのテーマが戻ってきます。続いてこの曲の名前の基になってイ短調2/4拍子のエキゾティックな行進曲旋律がオーボエで顕れ、弦楽器で盛りあがってきます。やがて弦楽器が弦を弓の裏側で勢いよく叩くコル・レーニョは印象に残ります。カデンツァを挟んで冒頭のメヌエットのテーマを謳歌するように唱い曲は締めくくられます。
今回私のチョイスはギドン・クレーメルのヴァイオリンの昨年亡くなった古楽奏法の先駆者でもあった学究肌のニコラス・アーノンクールの指揮ウィーンフィルハーモニーによる1987年の録音をお奨めします。個性的な演奏家の組み合わせで決して所謂モーツァルトらしさの味わえる演奏ではありませんが、モーツァルトが曲に込めた意図が手に取るようにわかると私には思える演奏です。YouTubeでまずお聴き下さい。


モーツァルト: ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調 K.219 《トルコ風》 クレーメル / アーノンクール / ウィーン・フィル


優太、正月いろいろありまちた!クラ与太 ショパン バラード4番ヘ短調


明けましておめでとうございます。
優太も元気に2歳になりました。
いつも応援いただきまして
ありがとうございます。

2歳になって少しは
優太大人になったようで
お座りもキチンと格好良く
出来ます。

ジージとバーバが
アントラーズの優勝を確認してから
お出かけしまちた。


帰ってきました。
何かあるのかな?

どうやら
優太の好物の
チキンのようです。ソテイですね。

バーバご色々準備しています。
大人の優太はしっかりまってますよ。

これから優太の誕生日パーティと言う時
バーバに異変が突然の腹痛です。
ジージが慌てて119に電話して
当番の拠点病院を紹介してもらい
救急外来に行ってきました。
憩室炎という腸の病気でした。
特に重篤な病気ではなく一安心。
痛み止めを処方されてバーバも元気に帰ってきました。
それまで優太立派にお留守番&マテしてまいたよ。
翌日もバーバとジージは病院に、
待合室のテレビで箱根駅伝みていたら
突然ジージが(八巻)雄飛(ゆうと)くんだと大声だして
周りから睨まれていました。
ジージ町内一周駅伝を走った時に同じ区間を走ったようです。その区間中学かシニアの区間だったらしいのですが、
雄飛君は区間2位ジージはブービィだったので
暫くは自慢話しをきかされそうですね。
なまえも読みはゆうたと一字違い。頑張れです。
バーバもお陰様で小康状態です。
優太一家バタバタした年明けでした。
今年もよろしくお願いします。


音楽史に名を連ねる大作曲家、その中でも最も創作の頂点の時期と言われる作品は格別の味わい深いものがあります。今日のクラ与太はそんな格別な作品を取り上げます。
F.ショパン バラード第4番ヘ短調 作品52


ショパンが32歳の1842年に書いたバラードで、彼のバラードでは最後の作品。ジョルジョ・サンドとの関係が良好で、夏は彼女の成果のノアン城で過ごしている。ちなみに次の作品53は「英雄ポロネーズ」の渾名で呼ばれるポロネーズ変イ長調6番、その次の作品54はスケルツォ第4番変ホ長調と彼の完成度が高く創作力の頂点を迎えていた時期に書かれた作品と言えます。
ハ長調の楚々とした助奏。淡々としてブラームスの晩年の作品をも思わせるような雰囲気で始まります。光が差し色彩感をまし、ショパンらしい華やかさと憂いを感じさせるテーマがアンダンテで唱われます。華麗に時にダイナミックに哀切を込めて展開されていきます。ショパンを聴く醍醐味が存分に味わえます。安らぎと暖かさを感じさせるコラール風の第2テーマ。リリカルにある時は煌めくように展開されていきます。華麗なカデンツァを後最初のテーマがニ短調で再現されます。ふたつのテーマが織りなす音楽はまるでショパンとサンドの華麗なドラマのように私には感じられます。幼なじみのマリア・ヴォジンスカとの失恋の傷心のショパンが、伯爵夫人マリー・ダグーのパリのサロンで華麗な恋愛遍歴の持ち主サンドの出会いが生んだ作品なのでしょう。二人は別れていく運命なのですが、珠玉の作品は聴き手の心に感動を与え続けています。曲は華麗なクライマックスで締めくくられます。
今回私のチョイスは2つ1987年録音のクリスティアン・ツィマーマンとエフゲニー・キーシンの1998年のエフゲニー・キーシン。ツィマーマンはダイナミックで押しも押されもしない大評判。私も推薦です。キーシンは何か物足りなさを感じるかもしれませんが、非常に誠実で2つのテーマの描き分けが見事でこの曲の肝であるドラマの筋立てが解りやすくお奨めしておきます。YouTubeはクリスティャン・ツィマーマンの卓越した演奏をお楽しみ下さい。


Krystian Zimerman - Chopin - Ballade No. 4 in F minor, Op. 52


優太スッキリして年越しです。クラ与太 シベリウス セレナーデ2番

優太です。
慌ただしい年の瀬いかがお過ごしですか
やっとの事でジージとバーバの休み揃ったので
チョキチョキに行ってきました。
お友達もいっぱいに待ってました。
スッキ見えますか?

ちょきちょきは緊張して
疲れますね。
お家でマッタリしてたら
バーバ来ました。

バーバからウマウマ貰えました。
ウマウマには弱い優太でシュ。

ウマウマ貰って
疲れも吹っ飛んで
元気回復です。

元気になって
たくさん遊んでもらいましょう。

忘れてました。
バーバに抱っこして貰って
みなシャンにご挨拶です。
今年もありがとうございました。
来年もよろしく御願いしますね。
よいお年をお迎えください。

いよいよ今年も納め時、騒がしくとも心静かに行く年を送りたいものです。お薦めの選曲です。YouTubeでお聴き下さい。
クラ与太 
J.シベリウス セレナーデ第2番 ト短調 作品69b


シベリウスはヴァイオリンを愛好し、14歳の時から手にしヘルシンキ音楽院では作曲とともに専攻し、一時はソリストを志望していたこともあり1903年作曲のニ短調のヴァイオリン協奏曲に結実している。その後もヴァイオリン協奏曲の作曲を試みていて交響曲6番は最初ヴィオリン協奏曲として作曲に取りかかった言われています。彼は1908年43歳の時に喉の腫瘍を煩い手術を受けたが、再発の不安に怯える日々を過ごしていたが、徐々に回復を向かっていった。その日々の好きなヴァイリン託して書き上げた曲が作品69として1915年に出版、交響曲5番と一緒に彼の生誕五十年を祝う記念演奏会で初演されたこの2曲のセレナード、ヴィオリンと管弦楽のための作品です。それぞれ1912年と1913年に作曲されたされている。当初は「セレナード」ではなく「ロマンス」と名付けるつもりだったらしい。ロマンスの名に相応しいロマンティック曲調である。明るく伸びやかさのある1番ニ長調に対して、この2番ト短調は哀愁感が漂いチャーミングな曲です。三部形式です。クラシック音楽愛好家がこの曲を初めてすると1898年にフランスの作曲家ガブリエル・フォーレが作曲、後に「ペレアスとメリザンド」の劇音楽の第5曲に転用されたシチリアーノの旋律に瓜二つで驚くかもしれません。最も旋律の後半はシベリウスらしい北欧的な透明な悲しみが込められています。この叙情深い主部に対して中間部は民族舞曲らしいリズミカルで情熱的です。その後主部が戻ってきて、静かに締めくくられます。魅力的な小品です。

今回私のチョイスはポーランド生まれの女流ヴァイリニスト、イダ・ヘンデルとパーヴォ・ベルグルンド指揮ボーンマス交響楽団の1975年の録音です。最近録音も増えてきていますが、楚々としたロマンティックな演奏です。 YouTubeでお聴き下さい。


Sibelius - Serenade No. 2 in G minor