マルプー優太と時々クラシック

還暦過ぎてはじめて犬(♂マルプー2015年元日生まれ)と暮らしはじめました。大好きなクラシックの与太話も

優太、もっと遊んで! クラ与太 シューベルト アレグレットD915

寒くて雪とかいろいろあった優太一家
やっと週末です。
優太は遊んで欲しいのですが、
ジージもバーバもお疲れモードです。

優太、催促しています。
「早く遊んで!」

優太、
我慢できずに
ジージの軍手を引っ張り出して
カミカミはじめました。

軍手に飽きた優太
次の獲物を狙っています。
危険です。

ついに優太は
ジージ捕獲されました。
でもまんざらでもないようで
癒されているようにもみえますよ。
優太、明日はチョキチョキだから
早くお休みなさい。

正月も過ぎふと楽しく気ぜわしいシーズンが過ぎるとポッカリ穴があいたようになることはないですか、そんな虚ろな時には明るい曲でなく哀しい曲のほうが元気になれる事があります。今日のクラ与太はそんな小曲をご紹介します。吉田秀和師が「シューベルトほど悲しい音楽を書いた人はいない」と言われた彼の知る人ぞ知る珠玉の曲です。
フランツ・シューベルト アレグレット ハ短調 D915


シューベルトが尊敬するベートーヴェンの死で衝撃を受けたその直後の1827年4月に作曲した5分ほどのハッとするほど美しいピアノ曲。生前に出版されず。1870年にGotthard社から出版されています。偉大な先達の死による空虚感、孤独感を楽聖が珠玉の名曲を編み出してきたハ短調で切々綴っています。ヴェネツァに旅立つ友人のヴァルヒャーのために惜別の曲ともされています。
弱音で歌曲集「冬の旅」の終曲「辻音楽師」に弱似た虚な短調から長調に移るテーマが2回繰り返されて始まります。流れは2つの強音で遮られますが、儚く夢見るような安らぎを感じる旋律で日が差し込みますが、すぐに短調に転じ悲しみが戻ってきます。中間部は変イ長調のコラール風の慰めを感じるような優しさを感じる旋律、やがて悲しみに満ちた主部が戻ってきます。
今回のチョイスはマリア・ジョアン・ピレシュの1997年録音。ポルトガル生まれの彼女の演奏には同国の民族歌謡ファドを思わされる郷愁を感じされる感情表現を感じます。即興曲集に収められています。YouTubeでも聴けますので是非お聴き下さい。



Maria João Pires: Schubert - Allegretto in C minor, D915

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。