マルプー優太と時々クラシック

還暦過ぎてはじめて犬(♂マルプー2015年元日生まれ)と暮らしはじめました。大好きなクラシックの与太話も

優太、便りがないのは元気な証拠? クラ与太 チャイコフスキー 序曲「1812年」 

優太です。
ご無沙汰でしゅ。
何かあったとご心配をかけましたか?
優太はず~っと元気でした。
トリミングに行ってきました。
そこでひとつだけ残念な話が一つ
大好きなトリマー、Kさんが
4月いっぱいで
出産のため退社するそうです。
優太もう一回で、会えなくなるのかな?
寂しいです。

 




こんな感じの毎日です。
では何で更新できなかったか?
ジージのドジが原因です。
パソコン故障ととネット環境の変化で
つながりづらい状態が続いています。
ジージはこのさい一新して
最新の状態にしたいらしく
あれこれやっています。
もう少しお待ち下さいね。

 
クラ与太は気に沿わぬ事でもトライしてみると意外なほど好結果なることも意外と多い。そんな代表曲をご照会します。
P.I.チャイコフスキー 
 序曲「1812年」 変ホ長調 作品49
チィコフスキーが40歳の1880年に指揮者で友人でもあったニコライ・ルビンシティンが音楽部長を務める産業博覧会で演奏するために、彼と懇意の出版社ユルゲンソーンから依頼に応えて祝典的な序曲。アレクサンドル2世の即位25周年を祝う作品でもあった。2年前の1878年に長らく勤務していたモスクワ音楽院の職を辞し、ヨーロッパ各地を訪れたいた時期で大曲の創作からは遠のいていた時期である。同年にはクラ与太で取り上げた弦楽セレナードも書かれている。最初は乗り気ではなく、収入を得るために嫌々ながら義務的に取り組んだ作品のようで、パトロンのメック夫人には「凡庸なもの或いは騒々しいもの以外に何が書けるでしょうか?依頼を断る気にもならない」と書き送っているほであった。依頼者のルビンシティンは翌1881年死去、博覧会も開催されることはなかった。が、翌年に出版社に楽譜を送付、翌1882年出版されることたなった。同年のモスクワで開催された産業芸術博覧会で初演されたが、評価は芳しくなかった。その後作曲家自身の指揮でサンクトペテルブルク1887年に演奏されと時に高い評価を受け、彼の作品の中でも人気曲となった。自らの意志ではなく、しかも本気で取り組んだ作品ではないのだが、そのことで却って肩に力みのない作品となり解りやすく親しみやすくなったのかも知れません。自作の旋律ではなく既存の旋律を取り入れチィコフスキー音楽魅力の彼一流の管弦楽法で是でもかと言わんばかりに彩り盛りあげていく快感に満ちあふれた作品となっています。
曲はラルゴ、ヴィオラとチェロの独奏によるロシア正教会の聖歌「神よ汝の民を救い給え」で開始されます。やがてティンパニーのトレモロでロシア軍の行進とされる軽やかな旋律がマーチとなります。やがてポロジノ地方での激戦を表現すると言われる部分となります。これはフランス国歌、ラ・マルセイエーズとロシア軍の旋律との掛け合いで展開し、やがてロシア軍の勝利を高らかに祝う華々しいエンディングを迎えます。この辺が文句なく快感を覚えます。
今回の渡しのチョイスはユージン・オーマンディ指揮フィラディルフィア管弦楽団の演奏です。録音は1970年。管弦楽の巧さはピカイチです。YouTibeでは小澤征爾指揮ベルリンフィルハーモニーによるライヴを貼り付けておきます。ライブならではの盛り上がりが堪能できます



チャイコフスキー 1812年(序曲) 小澤征爾




優太も休みの朝はまったりと。クラ与太 ポンセ エストレリータ(小さな星) 

世間的には春の三連休。
優太家はジージはいつもの連休のみ
バーバは変則シフト遅番。
なので今朝は
ゆっくりと明けました。

 

優太、いつものように

爽やかにお目覚めです。
 

早速朝ご飯。
ちゃんとマテしてます。
お利口ですね。(親ばか丸出し)

ヨシでがっつり食べます。
変顔かな?

 

食後まったりしている優太。
バーバに呼ばれました。

 

バーバに撫で撫でされて
まんざらでもない優太です。

 

気持ちよくて
優太はふにゃふにゃで気持ちよさげですね。

 

遅番とはいえ
バーバはお仕事
お出かけです。
優太ちょっぴり寂びそうかな

 

ちょっと忘れてました。
食事の後の
ゴン太の歯磨きガム
カミかみ終わったら
ジージと秘密基地までお散歩だよ

 

ジージが欠かさずみているNHKの「らららクラシック」長らく楽しみにしていた加羽沢美濃さんも4月6日放映で降板。お疲れ様でした。3月11日の放映ではその意味からか美濃さんがお気に入りの「胸きゅんメロディー」特集。取り上げられたのはラフマニノフ、チャイコフスキーと並んで取り上げられたのがジージも大好きな小曲を取り上げます。
クラ与太
 マヌエル・ポンセ エストレリータ(小さな星)


現在日本でのクラシック音楽はドイツ・オーストリア・イタリア・フランスなどヨーロッパの作品が中心に演奏されており、アメリカ大陸のそれもアメリカ合衆国以外の作品が取り上げられる機会は希なのが現実です。1842年メキシコのサカテカス州に生まれたメキシコでもっとも優れた作品を残し同国を代表する作曲家で、メキシコ国立芸術院大ホールに彼の名が名付けられるほどの国内で名声をもつポンセもピアノ三重奏曲やヴァイオリン協奏曲やギター作品など傑作を数多く残しているのですが、ギター愛好家の間でギター・ソナタが親しまれている以外ではこのエストレリータのみが知られているのが現状で寂しい限りです。彼は18歳でメキシコシティ音楽院に入学後、度々ヨーロッパに留学、パリ音楽院ではポール・デュカに師事、ギタリストのセゴビアと関わりを持つなどラテン的な色彩が極めて強い彼の作風に影響を受けています。この作品は最初歌曲として1912年に書かれていてヒットしその後20世紀を代表するヴァイオリニスト、ハイフェッツの編曲で広く知られるようになっています。現在ではオーケストラ編曲されてアンコールピースの定番曲でもあり、BGMなどでも知らずに耳にする曲ではないでしょうか?番組では「セブンス・ナインス」と言われるテンションコードと言われるポピュラー音楽ではよく使われる作法で解析しています。ピアノでドミソ和音にその上のシやレを合わせて弾くと優しく心に響く赴きある雰囲気になりますね。でもシンプルな作品なので説明の必要のなで聴いて胸きゅんな雰囲気に浸れば良いと私は思っています。。
今回のチョイスはナクソスレーベルから発売されてヒットした「ラテンアメリカクラシック」に収録されたエンリコ・バティス指揮メキシコ祝祭管弦楽団1994年の録音。奇才としてやりたい放題の演奏が魅力のバティスが珍しく良い意味でまともな演奏をしています。YouTubeでも聴けます。あっ聴いた曲だと思うこと請け合いです。胸きゅんして下さいね。


ポンセ: 小さな星[ナクソス・クラシック・キュレーション #ファンタジー]


優太、春眠暁をなんとやら… クラ与太 J.オトテール 組曲ロ短調

みちのく優太地方も春めく日が多くなりました。
優太もジージがお休みの日はお散歩を満喫です。

 

お散歩から帰るとジージは見慣れない楽器を吹き出しました。
オカリナです。ジージの施設に町内の愛好家の方が慰問演奏に来て、
ジージが興味をもってはじめたようです。

 

でも全くの初心者のジージそれなりに吹けても
変な音もちらほら
優太も我慢の限界を超したようです。

 

そんなこともあって優太
新しいベッドを買って貰いました。

ぐっすり眠れたようです。

 

就眠暁をおぼえずではありませんが、
優太ベッドにず~っと居たいようです。

 


今日のクラ与太は最近オカリナをはじめて笛もの作品を聴くようになったのですが、そんな関わりの中で今まであまり馴染みのなかった作品に惹かれることが少なくなかったのですが、その中でもお奨めの逸品をご紹介します。
J.オトテール 組曲ロ短調 作品2-4


ジャック=マルタン・オトテールは1674年に管楽器製造の職人の子としてパリに生まれた。31歳の時ルイ14世の宮廷楽団の一員ともなりフルート演奏かとして活躍した。ファゴットの演奏にも長けていた。当時のフルート前身であるフルートトラヴェルソ(横笛のフルートの意味)を改良し現在ではバロックフルートと呼ばれる楽器を生み出している。吹き口であるマウスピースがある、頭部大部分の音孔(穴)のある胴体、一つのキーのある音孔のある脚部の3部分に分割するというアイディアは彼の発想による。この事によって半音も比較的自在に吹けるなど音楽的な表現力も飛躍的な発展。その能力を生かす数多くの作品も残している。その後、ドイツ人のベームによって金属製で数多くのキーを持つ現代のフルートが1847年の発明されまでこのオトテールの楽器がフルートとして用いられていた。現代のフルートに比べて音域によっては音色が違い、半音は暗くなるなど欠点があるが、それ故味わいのありピリオド楽器(古楽器)復興の気運も手伝って耳にする機会が増えていてる。バロック時代の作品だけでなくモーツァルトやベートーヴェンなども作品も彼の時代の楽器で演奏されることも少なくない。残念ながら彼の作品は一部のフルート愛好家の間でしか一般的ではないのが現状です。今回ご紹介する組曲ロ短調はその中では比較的知られている作品です。現在ではフルート、チェンバロそして低音を補充する形で奏でるヴィオラ・ダ・ガンバで演奏される。曲はプレリュード(前奏曲)アルマンド、サラバンド、エアー、ガヴォット、ブランネル(村の舞曲)に2つのメヌエットから成り立っていて、J.S.バッハの管弦楽組曲2番によく似た舞曲からなる成り立っています。作曲年代もほぼ同時代でやや先行して作曲されているようなのでバッハも参考にしているのかもしれません。バッハの作品に比してより流麗で優雅、まるで衣擦れの音を感じるような名作です。
今回のチョイスはバルトルド・クイケンのフラウト・トラヴェルソ、ロベルト・コーエンのチェンバロ、ヴィーラント、クイケンのヴィオラ・ダ・ガンバ2000年にオランダはハーレム市のドープスヘヅィンデ教会の録音。古楽感を強調することもなく自然で楽しめる演奏です。YouTubeでリコーダーによる演奏が聴けるようなので貼り付けておきます。