マルプー優太と時々クラシック

還暦過ぎてはじめて犬(♂マルプー2015年元日生まれ)と暮らしはじめました。大好きなクラシックの与太話も

優太、春眠暁をなんとやら… クラ与太 J.オトテール 組曲ロ短調

みちのく優太地方も春めく日が多くなりました。
優太もジージがお休みの日はお散歩を満喫です。

 

お散歩から帰るとジージは見慣れない楽器を吹き出しました。
オカリナです。ジージの施設に町内の愛好家の方が慰問演奏に来て、
ジージが興味をもってはじめたようです。

 

でも全くの初心者のジージそれなりに吹けても
変な音もちらほら
優太も我慢の限界を超したようです。

 

そんなこともあって優太
新しいベッドを買って貰いました。

ぐっすり眠れたようです。

 

就眠暁をおぼえずではありませんが、
優太ベッドにず~っと居たいようです。

 


今日のクラ与太は最近オカリナをはじめて笛もの作品を聴くようになったのですが、そんな関わりの中で今まであまり馴染みのなかった作品に惹かれることが少なくなかったのですが、その中でもお奨めの逸品をご紹介します。
J.オトテール 組曲ロ短調 作品2-4


ジャック=マルタン・オトテールは1674年に管楽器製造の職人の子としてパリに生まれた。31歳の時ルイ14世の宮廷楽団の一員ともなりフルート演奏かとして活躍した。ファゴットの演奏にも長けていた。当時のフルート前身であるフルートトラヴェルソ(横笛のフルートの意味)を改良し現在ではバロックフルートと呼ばれる楽器を生み出している。吹き口であるマウスピースがある、頭部大部分の音孔(穴)のある胴体、一つのキーのある音孔のある脚部の3部分に分割するというアイディアは彼の発想による。この事によって半音も比較的自在に吹けるなど音楽的な表現力も飛躍的な発展。その能力を生かす数多くの作品も残している。その後、ドイツ人のベームによって金属製で数多くのキーを持つ現代のフルートが1847年の発明されまでこのオトテールの楽器がフルートとして用いられていた。現代のフルートに比べて音域によっては音色が違い、半音は暗くなるなど欠点があるが、それ故味わいのありピリオド楽器(古楽器)復興の気運も手伝って耳にする機会が増えていてる。バロック時代の作品だけでなくモーツァルトやベートーヴェンなども作品も彼の時代の楽器で演奏されることも少なくない。残念ながら彼の作品は一部のフルート愛好家の間でしか一般的ではないのが現状です。今回ご紹介する組曲ロ短調はその中では比較的知られている作品です。現在ではフルート、チェンバロそして低音を補充する形で奏でるヴィオラ・ダ・ガンバで演奏される。曲はプレリュード(前奏曲)アルマンド、サラバンド、エアー、ガヴォット、ブランネル(村の舞曲)に2つのメヌエットから成り立っていて、J.S.バッハの管弦楽組曲2番によく似た舞曲からなる成り立っています。作曲年代もほぼ同時代でやや先行して作曲されているようなのでバッハも参考にしているのかもしれません。バッハの作品に比してより流麗で優雅、まるで衣擦れの音を感じるような名作です。
今回のチョイスはバルトルド・クイケンのフラウト・トラヴェルソ、ロベルト・コーエンのチェンバロ、ヴィーラント、クイケンのヴィオラ・ダ・ガンバ2000年にオランダはハーレム市のドープスヘヅィンデ教会の録音。古楽感を強調することもなく自然で楽しめる演奏です。YouTubeでリコーダーによる演奏が聴けるようなので貼り付けておきます。



優太からも感謝です。クラ与太 菅野よう子「花は咲く」 

お陰様で
優太元気に2回目の家の子記念日を迎えました。
でもボシャ男なので
チョキチョキにお出かけします。

 

いつものトリマーさんに御願いしました。
マズルはスッキリ
耳は長目に少しだけ大人っぽく
仕上げていていただきました。

 

朝早くジージが出勤するので
優太も早起きです。
おめざ欲しいので優太
伏せして待っています。

 

優太はお利口にしっかりお留守番出来る子です。
 

前にもまして
ジージは元気に出勤してます。
新しい相棒が職場に来たようです。

 

ジージを職場で待っているのは
こんなニューフェイスです。
「24時間テレビチャリティ福祉車両」
皆さんの善意に感謝してジージも安全運転中です。


また3.11が訪れます。この日に聴かれることが多いだろうと思う曲を取り上げます。
 菅野 よう子 「花は咲く(Fwer will Bloom)


NHK東日本大震災プロジェクト、「明日へ」復興支援ソング。宮城県出身の岩井俊二氏の詞に同じく宮城県出身の菅野よう子が曲をつけたものです。早くから才能を認められ幅広い分野で活躍して器用貧乏との評価があるくらいの彼女の曲だけ卒がなくツボを押さえた類い希なほどの自然で美しい旋律でもある。彼女自身が「100年経って、なんのために、あるいはどんなきっかけで出来た曲か忘れられて、詠み人知らずで残る曲になるといいなと願っています。」と語っています。この事は3.11の復興という事だけを念頭に置いたのではなく、作曲者自身の思いでなくこの曲を歌い聴きした人その人の思いとして歌い継がれていく事を願っているのかも知れません。そんなことを感じているのは昨年発売された村治佳織さんの最新アルバムの中に収録されたこの曲の演奏に接したからです。村治さんは震災後に被災地でこの曲を弾いていましたが、2013年に突然の病を倒れ活動を休止。その後2016年4月27日に東京紀尾井ホールでの東日本大震災チャリティ・コンサートでステージ復帰している。発病以前の彼女の演奏とは明らかに違いよりエモーショナルに聴き手に語りかけてくる。音楽は多くの人に演奏され継がれていくことによってより感動を与え続けることになる。この真実を突きつけられた演奏です。クラシックの名作とされる作品は作品そのものの価値だけでなくいかに愛好され続けているかで作品として輝き続ける事になると私は思っております。
今回のチョイスはこの村治佳織のギターによる2016年松本市音楽文化ホールでの録音。編曲は小関佳宏です。YouTubeでもお聴きいただけます。


Kaori Muraji - Kanno: Hana wa Saku (Flowers will Bloom)


優太、久しぶりのおしゃんぽでしゅ。クラ与太 ベートーヴェン ピアノ協奏曲2番

2月ももうすぐ終わりです。
優太地方も春めく朝がやってきました。
ジージもバーバも朝寝してますが
どうにかお散歩出発です。
いつもの秘密基地まで
くんくんしながら歩いていきます。

 

久しぶりに沢山歩いたので
優太お疲れのようです。

ご褒美のジャーキー貰って
元気を取り戻した優太
すこぶるご機嫌のようですね。

またお散歩に行きたいようですね。
優太あっという間に
ボシャ男になりましたね。
今度のお出かけはチョキチョキかな?

春らしい陽射しが嬉しい日が訪れるようになりました。そんな日ピッタリの作品をクラ与太でご紹介します。
L.V.ベートーヴェン

 ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 作品19

ベートーヴェンが弱冠16歳の1786年頃から着手したとされるピアノと管弦楽のための協奏曲。何度書いてされていてほぼ現在演奏される形になったのは1795年で同年3月にウィーンのブルグ劇場で作曲者人のピアノで行われている。その後1798年にも改訂されている。なお、このコンサートがベートーヴェンのウィーンでのデビューを飾るもので、好評を得ている。しかし1801年12月まで出版されることがなく、1794年に着手され遅れて完成されたハ長調の協奏曲がこの曲より同じ1801年に9ヶ月前に作品15として出版されたため第2番とされている。献呈はウィーンの宮廷顧問官のニケルスベルク。管楽編成ではフルート1,オーボエ2,ファゴット2,ホルン2に弦楽器が5部と、トランペットやクラリネット、テンパニィなども使われている1番よりずっと小規模となっています。これは劇場での公衆の面前での演奏よりは貴族の館などでも私的に演奏されることを想定して書かれるためと考えられています。第1楽章Allegro con brio 変ロ長調 ソナタ形式 まさにアレグロ・コン・ブリオを地でいく生き生きとして輝かしい音楽、展開部の緊張感る短調の部分も明るさ日差しに出来る心優しい木陰のように感じる幸福感に溢れています。 第2楽章Adagio 柔らかで優しさに満ち溢れた心安らぐ音楽です。 変ホ長調 変奏曲 そして問題の第3楽章Rondo Molto allegro変ロ長調 ロンド形式 実は作曲者が納得せずに改訂していった楽章です。1楽章以上に短調の影が差し込むのですが、それが音楽をより前に進める原動力なっていきます。この辺りがいかにもベートーヴェンらしいと私は思っています。モーツァルトの作品が哀調を色濃くするのと対照的です。そのためいくら腕っこきの演奏者でも楽譜をなぞるでけの演奏では詰まらない音楽に終止してしまいます。その点同じ終楽章ロンドでも1番の方は音楽自体に面白味が存在するので演奏の資質に関係なく楽しめる曲なので1番の方を評価するのも頷けます。今回の私チョイスはマルタ・アルへリッチ自身の弾き振りによるロンドンシンフォニエッタとの競演盤。1983年録音です。 アルへリッチはこの曲を得意にしていたようで、録音でも他にシノーポリ指揮フィラディルフィア管弦楽団と1986年に、アバド指揮マーラー室内管弦楽団と2004年に録音しています。しかしそれぞれ素晴らしい闊達な演奏ですが、弾き振りという事もあり音楽する楽しさが最も感じられます。YouTubeではやはりアルへリッチでシャイー指揮ベルリン放送交響楽団のライヴ演奏を貼り付け置きます。アルへリッチらしさの満載です。


ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第2番/アルゲリッチ/シャイー/ベルリン放送交響楽団(1985 2 18)